行きたいなあ、日本全国津々浦々

V7、セロー225WE、CX-3に乗ってます。2016年3月にW650を引退。整備とかツーリングとかドライブとか。

2017ゴールデンウィークはCX3で車中泊 2日目、京都の海、舞鶴。

2017ゴールデンウィークはCX3で車中泊 1日目、赤目四十八滝。

ビーナスラインに行ってきたぞ!


 諸事情あって、結局今日がGW初日となりました。
 5月1日、2日と出社しないで済むことを祈ります。

 本当は福島の、五色沼付近の、なんとかスカイライン?的なのに行こうと思っていたのですが、本日東北地方のお天気が優れないとのことでしたので、急遽、ビーナスラインへ行ってみることにしました。
 前日までの過労を鑑みて、8時間睡眠の後、9時ごろの出発と相成りました。



 良いお天気です。
 日差しが本当に暖かい。
 高速道路を走っていても、足が冷えません。
 平日の、朝も遅い時間、というか、もう昼近いですね、そういう時間帯のせいか、車はそんなに走っていませんでした。
 ただ、代わりに虫が……。
 季節柄なんでしょうか、びしばしとメットのバイザーに体当たりを敢行してきます。
 尊い命を無益な突撃で散らす……なんて悲しいことでしょうか。
 などとほざいているうちに、諏訪ICが見えてきました。

 諏訪ICを降りると、ビーナスラインはすぐ目の前です。
 一旦バイクから降りて、冬物のオーバーパンツを履き、革ジャケの内側にユニクロのウルトラライトダウンを仕込みます。
 これでぱーぺきです。
 まずは霧ヶ峰高原を目指します。



 去年は美ヶ原高原からぐるっと回って霧ヶ峰SSへ戻ってきたので、今年は白樺湖、車山高原方面から回ってみることにしました。

 なんだか、道の凹凸が去年よりもさらに酷くなった気がします。
 正直、V7だと若干ゃ恐かった。
 いつ大きなギャップを拾って転けたり、逆に跳ねたりするかわからない、そんな不安が常につきまといます。



 車山高原を過ぎ、白樺湖を過ぎ、蓼科まで来てしまいしました。
 一周して霧ヶ峰SSに戻ってくるつもりなら、もっと手前、国道152号大門街道を北上しないとダメだったんですね。

 上のツイートの写真は、蓼科山7合目の鳥居です。
 雪が残っているというか、まだ積もってますね。
 熊除けなのか、ちょうど山から降りて来たおじさんがラジオから大きな音を流していたのが印象的でした。

 そもそもここまでやってきたのは、途中で「蓼科仙境都市」の文字を目にしたからです。
 いつか行こう行こうと思っている秘境なのですが……。


yamaiga.com

 林道鹿曲川線も気になっているんですが……これは、雪がなければセローで行けるんですかね?
 でも、林道以上に、この蓼科仙境都市が気になっているんです。


yamaiga.com

 この、廃れているようでいて、人がいないのに、人の営みの跡がある、こういう所が好きなんです。

 とまれ、今回は、雪に阻まれました。
 ちょうどこの蓼科山7合目のところにこの先通行止の看板が。
 仕方がないので引き返しますが、前述の通り、道を間違えたまま、立科方面へ。
 ん? 蓼科? 立科? 紛らわしいですね。



 なんか違うけど、まあいいかーと走っているうちに、町まで降りて来てしまいました。
 こちら、光徳寺というお寺。
 桜、だけじゃないと思いますけど、花が咲き誇っていました。
 地図を確認し、霧ヶ峰SSまで戻ることを決意します。



 色々あった部分を掻い摘んで。
 霧ヶ峰SSまで順調に戻り、そのまま美ヶ原方面へ。
 途中、工事用の無人信号機の前に、転かしたバイクと、お嬢さんが2人。
 決して、若い女性だったから、というわけではなく、ライダーとして、ライダーとして、同じライダーが困っているなら、と声を掛けました(なんで2回言った
 上り坂の右カーブ、結構な傾斜がある状況。
 立ちゴケで、てっきり起こせないのかと思ったら、ガソリンぽい液体が出ていて、起こしていいものか判断がつかないという。
 そりゃあ転かしたんだからガソリンも溢れるさ、と思って、よく確認もせずに大丈夫大丈夫、と安請け合いしたところ……。
 女性の1人が何かから手を放した瞬間……!

 ドバーっというか、ぶしゅーっという感じで透明な液体が勢いよく!

 慌てて抑えて抑えて、とお願いする羽目に。
 サイドスタンドそばから3本出ているドレンホースのうちの1本から、ただならぬ勢いで、ガソリン臭漂う液体が吹き出すという異常事態。
 僕は、なんの役にも立てないと早々に悟り、代わりに、運良く、なぜかとても運良く続けてやって来たバイクのおじさんを合計3人捕獲、お知恵を拝借することに。
 (全員ソロツー)
 結局、ある程度のバイクの知識を持っていたのは1人だけで、その人も、古いバイクならともかく、新しいのはちょっと……基本的な構造は同じハズだけど、ちょっといじれない……という感じ。
 なんだかすごく年季の入った感じのライダーさんで、旅慣れ感もパない。
 その人が持っていたファイル閉じる用のクリップで液体の噴出するホースをクリップし、ひとまず車体を起こすことに。
 減ったオイルレベル、透明な液体、ガソリン臭は車体が倒れて漏れていたから? 乾かないオイル跡、触るとエンジンオイルっぽい色合いと手触り……。
 ……何もわからん。
 フューエルコックでもあれば、OFFにしてもまだ漏れるかどうかで切り分けできそうだけど、FI車だし、どうも無いっぽい。
 そういえば、V7でも見たことないな。
 ちなみに、女の子とおっさんたちがあーだこーだやってる間の僕の主な仕事は交通整理でした。
 その工事用の信号機、今はモードが交互通行モードじゃないらしく、赤信号で点滅するばかり。
 来る車がみんな止まってどうしよう、てか君らどうしたの、みたいな感じだったので、あれは点滅しかしないみたいですので、気をつけて進んでください、と誘導。

 結局、女の子がJAF呼んで(女の子2人と僕を含めたおっさん3人のスマホは圏外だったけど、1人のおっさんのガラケーはかろうじて圏内だった)、解散



 というわけで、恋が始まるようなことも特になく、美ヶ原高原美術館まで行き、売店でお土産を購入し、来た道を逆戻り。
 途中、さっきの女性2人がまだJAFを待っているのを横目に通り過ぎ、霧ヶ峰SS、諏訪ICまで戻って、高速道路へ。
 いやあ、だいぶ日が長くなりましたねえ……。



 そんなこんなで、20:00過ぎに帰宅。
 うーん、景色はいいんだけども、純粋に、走ることだけを考えたら、ビーナスラインって、あんまりいい所じゃないなあ。
 少なくとも、オン車ではしゃげるだけの腕を僕は持ってない。
 あの凸凹はまじでやばい。
 次回は、もうちょっと雪がなくなった頃に、セローで蓼科仙境都市まで行ってみたいと思います。


そろそろ富士山の周りも寒くなくなってきました。



写真へったくそやなあ、ジブン……。


林道富士東部(北)線〜林道大地峠線



 暖かいと聞いていたのに寒いなーと思いつつ、裏道志(県道35号)を走っていたら林道の看板に気がつきました。
 舗装されていたので期待していなかったのですが、しばらく走っていくと、ツイートの写真の分岐点に遭遇しまして。
 調べて見たところ、県道35号側からの入り口には林道富士東部(北)線と書いてありました。



 モチのロン、行くだろ、行くしかないだろ、ということで、未舗装路へ突入して行きます。
 ……しかし、未舗装路とは行っても、もはや舗装を待つだけの道で、林道としての面白さはありません。
 そして、ただただ急であります。
 結構怖いです。

 しばらく走ると、こちらのキャンプ場にたどり着きました。




 こっちの看板では林道大地峠線となっていますね。
 恐らく終点か起点があの分岐なのでしょうね。


 何度も走っている裏道志ですが、今回は意外な発見がありました。
 地図とにらめっこしつつも良いですが、こういう偶然の出会いを逃さないスピードで走って行きたいものです。



やっぱり湘南は湘南(笑)だな……。


 冬の間、活動してないわけじゃないぞ、というのをアピールするためだけに更新を試みる。


 今日はV7で江ノ島まで行ってきました。
 高速道路に乗れば3連休の中日だというのに運転の下手な四輪が溢れて渋滞を引き起こしておりました。
 また、素行の悪い二輪が集団で四輪の邪魔をしていました。
 どちらもlose-loseな関係で、アンハッピーそうだな、と思いました。


 江ノ島に近づいていきますと、とんでもない量の四輪が島へ向かっているのがわかりました。
 最後尾の車なんて、夕方までに駐車場に入れるのかしら。
 などと思いつつ、渋滞中の四輪の脇をすり抜け橋を渡り切ります。


 いつも通り、公衆トイレ周辺はライダーおじさんどもの溜まり場になっていました。
 まあ、僕もその一員なんですけども。
 僕が行った時は、多くのバイクがある中、隼が4、5台集まってました。
 隼ミーティングでもあったんですかね。
 しれっと隼たちの後ろにつけて、トイレに行きました。
 冬はおじいちゃん汁が溜まるのが早くていけませんね。


 トイレの隣にあったヨット関連の施設と、女性のなんたらかんたらは、いつのまにか更地になっておりました。
 はて、そんなに長い間来てなかったでしょうか。
 写真を撮りつつ、海の方へ向かいます。


 江ノ島なう、と。

 つぶやいていたところ、キックスケーターに乗った若い?カップルが目の前を通り過ぎて行きます……。

 あれ? 今の、電動だったのでは?


 とまあ、そんなこんなで、暖かい春の日差しの中、存分にV7の走りを堪能いたしました。

 なお、帰りの国道129号で対向車線を走る珍走団を目撃。
 ああ、ここは、自分が大学に通っていた約10年前から変わっていないんだなあ、と(笑)ました。
 ちなみに、今日イチで運転技術とマナーが高いなと思ったのは、DQN Qualityというステッカーを貼ったオデッセイ?でした。
 わけがわからないよ……。


おしまい。

今更だけど、年初に届いた2017クシタニ福袋の中身晒す

福袋を買うまで

 昨年の夏ごろの事だったと思う。
 ネット巡回中に、あーこれかっけーなー、と知能指数低い感想を抱いたライダースジャケットがあった。
 値段を確認してみると、まあみてくれの格好良さと正比例した、おったまげな金額であった。
 この時初めて、クシタニというブランドを知った。
 お値段的に守備範囲を大きく逸脱していたので、知らなかったのも無理はない。
 クシタニについて調べてみると、年始に福袋を扱っていること、会員になるとネットで福袋を注文できることがわかった。
 さっそく会員になり、翌週末、最寄りのクシタニショップを訪問して自分に合うサイズがどれになるか、確認した。

 待つこと数か月、年末も押し迫った頃、福袋予約注文開始のお知らせが届いた。
 モンベルの福袋が無いと知ってからしばらく(モンベルも福袋目当てで会員になった)、まさかクシタニも……? などと思っていただけに、メール<を読んですぐに予約サイトを開き、5万円福袋を購入した。

 明けて新年、1月1日、無事クロネコのお兄さんが福袋を届けてくれた。


f:id:meganeyamada:20170101153137j:plain



いざ開封の儀&使用レビュー

 ではさっそく、開封!
 ぱかっ!

f:id:meganeyamada:20170101153322j:plain



まずは小物から見て行こうか

 ネックストラップ~

f:id:meganeyamada:20170101153440j:plain

 ボールペ~ン

f:id:meganeyamada:20170101153538j:plain

 カレンダ~

f:id:meganeyamada:20170101153727j:plain

 ……熱心なクシタニファンは喜ぶに違いない……。
 僕は福袋が目当てのにわかなので、ほーん、でスルーした。

 大事なのは、入っていた、グローブと、ジャケットと、ジャケットだ!


レザーグローブ

f:id:meganeyamada:20170101153925j:plain

 グローブでこの値段かよ……と慄いた。
 俺、こんなカッコいいグローブ着けていいのかしらん……。
 なに、この赤と黒。
 今までの人生で一度も選んだこと無いカラーリングなんですけど。


↓商品ページはこちら。

バイク用品のKUSHITANI|K5559 GP-XEROウインターグローブ


 と、眺めていた話をここでしても意味が無いと思うので、使用してみた感想をば。

  • GOOD!
    • 防寒性能抜群!
  • BAD…orz
    • きつい
    • 中が湿る


 ハンドガード的なものが無いV7、ブッシュガード付きのセローの両方で、気温5度くらいの中、一般道と高速道路の両方で使用してみた。
 寒波も来ておらず、特に冷たい風が吹きすさぶ日でもない、普通の晴れの日でした。

 V7でもセローでも、一般道ではほとんど寒さを感じず、高速道路では程々に手が冷えたが、動かせなくなったりするほどではなかった。
 以前使用していたグローブでは、風が防げるセローと、風が防げないV7とでは明らかに差があったのだが、このグローブでは不思議と使用感に差は感じなかった。
 ここはさすがの防寒性能、とでも言っておこうか。

 だが、代わりに気になることが2点ほど。

 一つ目は、LLサイズにもかかわらず、拳を握りこむとかなりの圧迫感を感じる事。
 装着の際は、まあジャストフィットかな、という感じなのだが、いざハンドルを握るとなると、かなり締まるのである。
 運転中、かなり余計に握力を消費している。
 私の身長は170cm弱しかなく、掌の大きさ、厚さも標準的だと思う。
 もっとも、掌側にはちゃんと滑り止めが付いているので、こんなにしっかりと握ることなく、軽く触れる感じで操作すべきなのかもしれない。
 また、レザー素材なので、使用期間が長くなるにつれ、その辺は解消されていくことなのかもしれない。

 2つ目は、使用後、グローブの内側がかなり湿っていること。
 Kフォームプラスとやらで水分を溜めないはずなのだが……。
 仕方が無いので、毎回使用後にはサーキュレーターで内側を乾かしている。

 べ、別に僕の手汗の量が情人をはるかに超えているというわけでは、ない、はず……。


レザージャケット

 かっけー!
 が、箱から取り出した時、その値段に驚いた。
 この一着でもう福袋の元手取れてるじゃねえか。

 ↓袋詰めバージョン。

f:id:meganeyamada:20170101154112j:plain

 梱包の都合か、右肩のプロテクターが裏地の内側を彷徨っていて、最初に着た時は背中にこぶが出来た。
 裏地に手を突っ込んでこうでもないああでもないと試行錯誤を繰り返すこと10分、ようやくポケットのような、プロテクターを入れる場所を発見、なんとか落ち着いた。
 こちらのサイズはL/3W。
 シャツの上から着る分にはジャストサイズなのだが、さすがに冬装備でモコモコしていると色々ときつい。
 
 ↓こっちは吊るしバージョン。

f:id:meganeyamada:20170101160421j:plain


↓商品ページはこちら。

バイク用品のKUSHITANI|K0669 モジュールジャケット2

 こちらについてもV7とセローの両方で試してみた。
 ……まあ、セローでこれ着て走る奇妙さについては目を瞑ってほしい。

 直立の姿勢でも前傾姿勢でも風が入り込むことはなく、運転を妨げるような硬さもない。
 が、やはり冬装備のせいでタイトになるのは否めない。
 春、秋と活躍させたい。


防寒ジャケット

 おおおお、グローブに合わせて赤黒だ!
 さすがや!
 こちらもいいお値段。
 サイズはL/XL。

 ↓袋詰めバージョン。

f:id:meganeyamada:20170101154021j:plain

 ↓吊るしバージョン

f:id:meganeyamada:20170101154845j:plain

 が、袋から出して広げてみてわかったことがある。
 これは、さっきの革ジャケと違ってプロテクターが付属していないのである。

 ……どうしろってんだ?
 まさか、これで自転車にでも乗れと?

 ちなみに、完全に余談だが、通勤途中で本当にこの赤黒ジャケットを着てロードバイクを漕ぐおっさんに出会った。

 きっと別売りのプロテクターがあって、それを使えって言うんだろうな。
 さすがに商売上手だ。
 さて、どうするかな……と思案したところでふと閃いた。
 どうせ今使っているジャケットから乗り換えるなら、ジャケットからプロテクター抜いてくればいいんじゃない?
 プロテクター入る部分一緒だし、サイズは大体一緒だし。
 というわけで移植してみたところ、ばっちり適合した。


↓商品ページはこちら。

バイク用品のKUSHITANI|K2645 ウインターアクトジャケット

 まあ、実際に移植するかは使ってみてからやな、ということで、やはりこちらもV7とセローで使ってみた。
 まず、さっきから冬装備でもこもこ、と言っているが、具体的に何故もこもこなのかというと、これを着用しているからだ。

webshop.montbell.jp


 これはワンピース構造で、着ていると非常に暖かいのだが、しょせんは中間着であり防風効果はない。
 なので、この上からバイクウェアを装備するのである。

 で、このもこもこ状態でも、もこもこを脱いだもこもこオフ状態でも、この防寒ジャケットはしっかり身体にフィットして、風を遮断し体温を保持してくれる。
 動きを妨げることもないし、先の革ジャケと違って非常に軽量である。
 良いとこ尽くしで、結局冬の間はV7でもセローでもこれを着用することにした。
 少し派手な印象だが、まあ、たまにはこういう派手な格好してもいいだろう。


計算してみよう

 さて。
 すでに個別の金額を見た概算だけでも元手が取れていること請け合いだが、実際にはどれくらいお得なのだろうか。
 計算してみると、小物を除いた主要商品だけでもしっかり、3倍近い効果を得ている。
 これらの物が5万円で手に入ったのである。


型番 商品 値段
K-5559 GP-XERO ウインターグローブ ¥18,000-
K-0669 モジュールジャケットⅡ(限定生産) ¥74,000-
K-2645 ウインターアクトジャケット ¥42,000-
    ¥134,000-(¥144,720-税込み)

 福袋である以上、当たりはずれはあるのだろうが、クシタニは大丈夫なのだろうかと心配になってくる。


心配いらないかも

 さて、こうして新しいジャケットを2着も手に入れたわけだが、もう一度、クシタニのサイトの商品の説明をよく見てほしい。
 実はこの2着、胸部に装着できるプロテクターが共通のものなのだ。

www.kushitani.co.jp

 このプロテクターはマジックテープで胸部に固定することができ、ジャケットの内側にさながら防弾チョッキの様に装備することができるのである。
 胸部のガードはとっても大事。
 交通事故で、頭の次に死亡率が高いのが胸部です。

二輪車の死亡事故統計 警視庁

 読んでない本や漫画、見てないアニメがたくさんあるので、まだ死ぬわけにはいきません。

 どうせ同時に着られるのは1着だけです。
 1枚胸部プロテクターがあれば、2枚のジャケットに対応できるわけです。
 お得!
 買ってしまいましょう。

 ……はっ!?
 そ、そうか、こうやって誘導されてついでの様に物を買ってしまうから、クシタニの心配をする必要なんてないんだな!


来年、どうしようか

 十二分なものを頂いてしまったので、もう福袋はしばらく買わないんじゃないかな。
 中身に文句は無いし、今のところクシタニブランドにも不満は無いので、他のブランドの福袋を購入する気もないな。
 今回の福袋の中身で敢えて不満を言うとするなら、パンツの類がなかったことだ。
 来年も福袋を買ってみて、欲しいものが無いなら、売ればいいという意見もあるだろう。
 が、個人的にはそれはアウトである。
 なので、これはもう、欲しいものがあるなら来年の福袋に期待するのではなく、正規の値段で購入すると思う。

 というわけで、福袋は初挑戦にして大成功を納めたと言えるだろう。
 非常に満足した。
 ありがとう福袋、ありがとうクシタニ。