行きたいなあ、日本全国津々浦々

V7、セロー225WE、CX-3に乗ってます。2016年3月にW650を引退。整備とかツーリングとかドライブとか。

オカルトじゃない!? トヨタのアルミテープ


この記事を目にしたのはシルバーウィーク前のことで、シルバーウィーク中に実験してみたかったのだが、あいにくと天気の都合がつかず、先送りとなっていた。


www.webcartop.jp


まあ、正直な話、眉唾物ではある。
が、理論に嘘があろうがなかろうが、試すだけならまあやってみようかな、と思える程度の時間と資金のコストだったので、実際に試してみた。


アルミテープ実験を実施するにあたって、実験に使用するアルミテープについては、接着剤に導電性があることを確認してから購入して頂きたい。


ちなみに、私が上記記事を見てからAmazonサイトへ行くと、一部の導電性アルミテープはすでに売り切れていた。



写真を撮り忘れてしまったのだが、下記の場所にアルミテープを貼ってみた。
一応、トヨタご推奨の個所を参考にしている。


  • フロントガラス、ワイパーの付け根付近 左右両側2枚
  • 外側に貼るのはなんかちょっと気が引けたので、ホイールハウス前側 前後左右4枚
  • ミラーの上端 左右2枚
  • ステアリングコラム下 2枚(これ、車体に雷落ちた際に室内に電気が入ってくる要因にならないよね?)


どこかの記事で、アルミテープは表面積が大きくなる感じで櫛状に入り組んでいた方が放電効率が高いと書いてあったので、デザインナイフでアルミテープを加工してみたのだが、台紙から剝がす際に切れてしまったので、普通に四角くカットしたものを貼ってみた。


で。


結論を出すのはまだ早いと思うし。

プラシーボを否定する材料がないのだけれど。

あくまでフィーリングの話をするならば……
















ものすごく効果があった。





なんか自分でも、騙されてんじゃね? 俺だいぶチョロいんじゃね? と思いはするのだけれど、事実、体感としては、ものすごく効果を実感した。


まず、低速ギア、低速域がすごく使いやすくなった。
技量の問題は多分にあると思うが、1速での発進から、2速での加速、3速でおよそ40km/hに乗せるまで、結構気を使って慎重に操作しないとスムーズに加速できなかったのが、1速は滑るように走り出し、2速への繋ぎはぎくしゃくすることもなく、3速はこれまでに体感したことがないくらいにリニアに加速した。
何か特別な訓練をしたわけではないので、アルミテープを貼り付ける前後で僕の運転技術がものすごく向上したということは考えづらい。
今日は一般道しか走っていないので高速域ではどうなるかわからないけれども、少なくとも中低速ではいい効果が得られたと思う。


逆に、減速に関しては、これまであった、多分空力的な補助抵抗を失って、ちょっとブレーキが利き辛くなったような印象を受けた。
なんか、ブレーキを踏んだのに、いつまでも滑らかに滑っている感じ。
まあ、感じたのは最初だけで、すぐに調整して恐怖を感じることなく止まれるようになった。


操舵性に関しては、元々不満がなかったせいか、よくわからない。
若干、スムーズになったような気もするが、これは気のせいかもしれない。


まあ、今のところあくまで印象の話であって、実際に燃費が向上したかどうかはまだわからない。


しかし、CX-3オーナーで、低速ギア、低速域での操作に不満を抱えている人にはぜひおススメしたい。


いや、僕は何の責任も負わないけれども。
あくまで自己責任で宜しくお願いします。
が、騙されたと思って試してみて。


いいよ!

探すのも醍醐味だけど


買っちゃった……。

こういうキャンプがしたいんだよ、というのを先にやってくれたマンガ1選


バイク関連のまとめサイトのアフィで見事に誘導されて、絵柄が好みだったので購入。



ああ、こういうキャンプしたいんだよな、って。
どうしてもバイクで行くと走り回りたくなっちゃうんだけど。
こう、人のいない空間で、景色のいいところで、本読んだり昼寝したりして。
……まあ、料理するかしないかは置いといて。


秋〜初冬にかけて、週末、短期とかデイキャンプとか、たくさんして経験値積みたい。



GPSロガーAndroidのログファイルを外部ストレージに保存する


自分の持っているどのブログに書くのが適当なのか迷ったのだけれど、直接的な技術の話じゃないので、アプリの操作の話なので、影響のあったツーリングの話題ということで、ここに書くことにする。


V7購入時、W650でも使っていたように、またバイク用のカーナビを買って付けようと思っていたのだけれど、価格や画面サイズで折り合いがつかず、また、セローでも利用したいということで、結局、防塵防水なのに安く手に入ったタブレットを使うことにした。


www.au.kddi.com


このタブレットに、オフライン地図としてMapFan 2015を入れて使用している。
まあ、正直、検索機能が貧弱すぎて(オンラインでもオフラインでも)使い勝手は今ひとつなのだが、まあ、通信なしで地図が見られるというのが求めていた最大の機能なので、良しとしている。


で。
遅まきながら、ツーリングの記録用として、GPSロガーAndroidを導入することにしたわけだ。


昨日ダウンロードして、下記サイトを参考にいろいろ設定してみた。


attech.info


ログファイルを本体に貯めるのは嫌だったので、SDカードに保存することにした。
オンライン環境下に戻ったらgoogleドライブかDropBoxにアップロードする予定だったのだが……。


今日は、国道299号線を諏訪まで西進するつもりだったのだが、早起きに失敗してしまい、気が付くと07:00だった。
しょうがないので、名栗湖辺りまでの近道でも探しに行くか、と07:30頃出発。
GPSロガーAndroidを起動してロギング開始。
途中、青梅と日の出町の境目辺りで今までに行ったことのない林道を発見。
思いの外未舗装の長い、しかも完通した林道で、支線も充実していた。
このことについてはそのうち記事にする。
今日の本題は帰宅後の話である。


帰宅して、ログファイルがちゃんと保存されているのかを確認すると……保存されていない。
GPSロガーAndroidのログ表示画面ではちゃんと座標がロギングされ、ファイルに書き込んでいるログが残っているのに。
ESファイルエクスプローラーで見てもPCに接続してみても保存されていない。
もしや適当に作ったフォルダのパーミッションが問題なのかと確認してみたが、こちらも問題なさそう。
なぜだ……。
GPSロギングしてるからいいや、と地図を全く確認していなかったので、せっかく走ったあの林道たちが、どこへ通じていたのか、どこが入り口でどこが出口だったのか、さっぱりわからぬ。


結論から言うと、どうやらSDカードの中に適当にディレクトリを掘ってはいけなかったらしい。
デフォルトでは、僕の環境だとログファイルの保存場所は以下のようになっていた。
  /storage/emulated/0/Android/data/com.mendhak.gpslogger/files
Androidのバージョンによっては、デフォルトの保存場所は異なるかもしれない。
さて、僕はSDカードに保存したかったので、保存場所を下記のようにディレクトリを作成した。
  /storage/sdcard1/GPSLogger
どうやら、これが間違いだったようだ。
正しくは、このようにディレクトリを作らなくてはいけなかったらしい。
  /storage/sdcard1/Android/data/com.mendhak.gpslogger/files


ということが、家に帰ってからわかったので、活かせるのは次のツーリングからとなる。
……はあ……。

林道 大名栗線


もうゴールデンウィークのまとめなんてやめようかと思う今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか。
僕は……聞かないでください。
これは、5月の終わりごろの話です。


埼玉県にある大名栗林道行ったんです。
大名栗林道。


(写真は林道大名栗線入口の目印となる「名栗温泉 大松閣」)


行ったらですね、ゲートっていうか、通行止めの看板が……。

f:id:meganeyamada:20160626180311j:plain


え、ちょ、どういうこと?
通れないじゃん……。
はぁ……もうがっかり。
しょうがないから、去年の写真貼っておきますね(にっこり

f:id:meganeyamada:20160626180312j:plain

f:id:meganeyamada:20160521082630j:plain

f:id:meganeyamada:20160626180314j:plain

f:id:meganeyamada:20160626180315j:plain


よく考えたら、たいてい走ることに夢中で、あんまり写真撮ってないんだよねー……。


梅雨明けたら、次はどこ行こうかなー。

林道 菅野盛里線


2016年ゴールデンウィークの記事がまとまらず、写真を引っ掻き回していると、ブログにしていなかったものを発見。
とりあえず今日のところはそれでお茶を濁す。


f:id:meganeyamada:20160117160327j:plain

2015/11/21

山梨県の県道35号、禾生交差点から東にしばらく行ったところに、山梨リニア実験線の施設があるのだが、そのすぐそばに、林道菅野盛里線終点の看板がある。
しばらく前までは、リニア関係なのだろう、入り口には警備員が立っており、工事車両がひっきりなしに行き交っていた。

f:id:meganeyamada:20151121121823j:plain

しかし、今は見ての通り、静かなものだ。
さっそく突入してみた。

まずは写真左手方向、舗装路側へ行ってみる。
すると、すぐにごっつい黄色ゲートが登場、行く手を阻まれた。
抜けようにも、ゲートの両サイドは山と谷になっている。
これはしゃーないか、とゲートを見つめていると、大型工事車両がゲートの向こうからやってきた。
ドライバーのおっちゃんが降りてきて、ゲートを開き、車両を通して、またゲートを閉じて、去って行った。
残念ながら、それを指をくわえて眺めていることしかできなかった。

仕方がないので道を戻り、今度は未舗装の細い道の方へ。
しかし……。

f:id:meganeyamada:20151121122718j:plain

またしても行く手を阻まれた。
木の下を通せない、こともないだろうが……一人で来たし、そこまでする気力もない。
とはいえ、やはり先は気になる。
ここはひとつ、徒歩で行くことにしよう。

しばらく斜面を登って行くと、崩れたのか、それとも川が枯れたのか、斜面が大きくV字に抉れた場所に出た。
そこに丸太が二本、渡されている。
さして高さがあるわけではないのだが、さりとてただの丸太に全幅の信頼を寄せることもできず、恐る恐る足元を確かめつつ渡る。
特に問題なく渡りきることができたが、危険回避の観点から見れば、谷に下りてからまた登るか、V字に落ちくぼむより手前の傾斜を遠回りして行くべきだったかもしれない。

丸太橋を抜けると、なにやらラベルが付いた杉が林立する場所へ出た。

f:id:meganeyamada:20151121123623j:plain

立っていた看板には、「平成24年度 保安林改良事業施工地 本数調整伐・害獣防除 面積 5.04HA 山梨県」とある。

……Hum、簡単に、端的に言うと、ここでの僕の冒険はこれでおしまい、ということだ。

以上、締まらないこと実にこの上ないが、林道菅野盛里線のリポートを終わる。

V7のヒミツ


我が家のイタリアっ娘はかなりの地黒。


f:id:meganeyamada:20160506174908j:plain


夜間の視認性がかなり低いのではないかと思い、LEDで電飾してあげることにしました。


ずぶの素人なんで、下調べが大事。

まずは上着の脱がし方、いやさタンクの外し方を調べてみる。

ameblo.jp

自分のV7でも実践。

すると、ケーブル類の位置が違う。


f:id:meganeyamada:20160506175517j:plain


(写真はずらしたタンクを軽く持ち上げたもの)

果たして、この位置にあるホース、ケーブルを一人で脱着できるのか、いやできまい(反語)。

ひとまずタンクを外さなくてもずらしたり傾けたりするだけで目的は達成できそうなので、外さない方針で。


f:id:meganeyamada:20160506175518j:plain


シート下にはいろんなものが詰まっていてもう何かを突っ込む余地がほぼ無い反面、タンク下にはこのようなトレーがあり、ケーブルなどを隠しておくには十分なスペース。

ひひひ、可愛くデコってやるからなぁ……。

(以下、続かない。作業に夢中になってしまって写真を撮るのを忘れてしまった)

(なお、無事にLED電飾は完了した模様)

f:id:meganeyamada:20170212183212p:plain