行きたいなあ、日本全国津々浦々

V7、セロー225WE、CX-3に乗ってます。2016年3月にW650を引退。整備とかツーリングとかドライブとか。

紅葉台へ行くつもりでした

最近は台風や地震などの災害から復旧しない林道が増えている。
近隣でそれなりに走りごたえのある、面白い林道はないものか。閉鎖してないやつ。
そう思い、今まであまり行かなかった富士山周辺を走るようになった。
ダートでなくても満足感を得られる景観が多く、また、真夏であっても涼しいことも大きい。
久しぶりに青空が望めそうな天気のため、AM05:00起床で、山梨県鳴沢村にある紅葉台を目指した。



富士パノラマラインから、看板の案内に従い右折する。
入り口にある廃屋のような建物の右脇から未舗装路が延びており、思わず吸い込まれた。
この道は、紅葉台木曽牧場に出る。
ちょうど馬場を均しているところへ出てしまった。
牧場の人に詫びると、出口まで案内してくれた。
牧場を出ると、紅葉台への正規ルートへと戻ることになる。

紅葉台への道は未舗装路である。
でっかい看板に、路肩が不安定なので、車両で入ってくるな、来るなら自己責任で、と大書されていた。
言うほど路肩が荒れているわけではない。
実際、客とオーナーのプリウスはこの道を登っていた。
しかし、所々で溜まった土砂が盛り上がっていたり、地面が割れていたりしたので、安全とは言えないだろう。
看板にある通り、車両で登るなら自己責任で。

ほどなくして紅葉展望台レストハウスにたどり着く。
駐車場の先客はプリウスが1台。
さて、紅葉台はどこだ?


google mapや地図アプリで確認するが、紅葉台のアイコンが指し示す場所は駐車場である。
google mapに載っていた展望台はどこにもない。
レストハウスの裏手を進むと、東海自然歩道と書かれた看板があった。
先へ進むと、山を下る方向へ道が延びている。
展望台へ行こうと言うのに、下ると言うことは考え難い。
別に紅葉台にそれほどのこだわりがあるわけでもないし、ましてや今は紅葉の季節でもない。
レストハウス手前で分岐していた、三湖台の方へ行ってみようと気持ちを切り替えた。


少々補足的なことを。
自宅に帰ってから、紅葉台について確認してみた。
google mapで紅葉展望台レストハウスの口コミを見るとわかるのだが、実は紅葉台というのは、このレストハウスの設備なのだそうだ。
公共の施設だとばっかり思っていた。
そりゃあ探しても見つからないわけだ。


閑話休題
少し道を戻り、三湖台と看板で指示された方向へ、山道を登る。
道は太いが砂利はほとんどなく、土がむき出しの状態で、前日が雨だった場合、ぬかるんで登れないかもしれない。
エンデューロブーツだったため歩幅を小さくして登ったら、ほとんど滑ることはなかった。



なかなかに絶景だった。
見える三湖もなかなかだが、それ以上に樹海の緑が素晴らしい。
晴れていて良かったと思える景色だった。



十二分に景色を堪能した後、富士パノラマラインへ戻る。
紅葉台入り口のすぐ近くに、怪しげな小径がある。
以前から気になっていた場所だ。
セローだと、こういうところでも気軽に突入できるのがいい。



未舗装路ではあるが、小石が敷き詰められた平かな走りやすい道であった。
軽自動車一台分といった感じの道幅だが、所々に重機でも走れそうな太いところもある。



氷穴まで行けたりするこの道は、看板によると、緑の休暇村のオリエンテーション用の道らしい。
走る際は馬と歩行者にも気をつけられたし。

一通り行けるところはマッピングしてみたくなるのがオフロード乗りのサガというものだろう。
走り回って見ると、野菜や果物や正体不明の植物を栽培している畑が道のあちこちにある。
中には電流柵で囲っているところもあった。
空き地に車を止めてキャンプしているおっさんに、すこしだけ憧れた。



小径を抜け、県道71号へ出る。
特に何か目的があったわけではないのだが、なんとなく国道139の方へ。



またしても小径に吸い込まれてみると、なにやら車が森の入り口に何台も駐車している。
登山の準備っぽい格好を整えつつある、大声で話す中国人を脇目に、ゲート入り口の看板を読む。
……違うな、入り口のゲートを恨めしげに眺めた。
ああ、あのゲートの先をタイヤで侵略したい……。



写真を撮る。
苔むした森が好きだ。
山の森とは風情が異なる。
空が見えず、空気にかすかに森の匂いがついている。
この先には富士風穴があるらしい。



時間があれば行ってみても良かったかもしれない。
しかし、午後から予定があったので、そろそろ帰宅の途につくことにした。



以上。


久しぶりに宮ヶ瀬ダム行って来た+ヤビツ


正しくは「来夢先輩」でした。

今日はバイクの日(だった)


8月19日はバイクの日らしい。
マツダコネクトが言ってた。
しかし、スマホアプリなんかが言う○○の日と、マツコネの言う○○の日が一致した記憶はあまりないな……。


蓼科仙境都市

皆さんは、仙境都市、ってご存知ですか? どんなものを想像しますか?
なんかこう、神秘的な感じがしますよね。




霧に覆われた、緑深い山の中。
そこに突如として現れる、シャレオッティーな、まるで美術品のような近代建築。
どんな人が住んでいるんだろう。
白い霧の中、小径を歩き進む。
ぽつり、ぽつりと霧の中から現れるそれらは、互いの干渉を拒絶しつつも、どことなく統一感を感じさせる姿をしている。
気がつくと、霧は晴れていた。
辺りを見回せば、日の光を浴びて上を目指す木々があるだけで、建物の姿は無い。
振り返ると、濃密な霧をまとわりつかせた緑の山がひっそりと佇んでいる。
まるで、何事もなかったかのように……。




的な、ね?



まだ前振り続きますよ。

今回の目的地は、蓼科仙境都市というところです。
名前だけはかなり前から知っていまして、上記のような妄想を育んでいたわけなんですが、ある時こちらのサイトで詳細情報を知りまして。


yamaiga.com


僕もこれくらいのレポート力が欲しいなあ、という感想はさておく。
ど、ど、どうやら、失敗リゾートの様相を呈した廃村チックな場所っぽいぞ……?
これは是非見に行かなくては!


出発

久しぶりの冒険の予感に胸を高鳴らせつつ、出発。


ナビ子



うん……。
本当はマップファンが悪いんじゃなくて、僕が勘違いしてただけなんだよね……。
中央道を北側ルート、そしてなぜか南回りルートを東名経由だと思っていたんだ……。
正しくは、上信越経由が北回りルートで、中央道経由が南回りルート。


接近

諏訪南で高速を降りる。 最近この辺りをよく利用するようになったなー……。


ソフトクリーム濃厚。
やはり糖分補給はソフトだな。



到着



白樺高原ホテル前の道を道なりに進んで、冬季閉鎖される林道の、登山道入口前を通り過ぎ、しばらく進むと、峠の最高地点っぽいところへ辿り着く。
どうとは書いていないのだが、どうやら仙境都市に到着したようだ。


失望



結論から言うと、最初に紹介した道路レポートに掲載されていた写真以上でも以下でもなかった……。
なんというか、まとまりなく、とても危険な斜面でもなんでもお構いなしに別荘が建っていて、もう廃屋になっているのもあれば、新築の、それこそ近代建築の見本みたいな、スタイリッシュな別荘もあり……。
勝手な話で恐縮だが、とってもがっかりして、ちょっと眺めただけですぐに下山することにした……。


もう帰る


正味な話、帰りの寄り道の方が楽しかった……。



日常に潜む危険



帰宅


19:00頃帰宅。

日本の工業製品に慣れ過ぎると海外製品を扱う際のギャップに苦しむ

あっつい……バイクは午前10:00までにすべき


 今日は天気があまり良くないということで、遠出は諦め、富士山付近を探索。



 しばらく行くと、見るからに林業用とわかる未舗装路が出現。
 とりあえず突入してみる。
 かなりマッディで、正直見た瞬間からこれは行ったらやばいな、と思ってはいた。
 でもまあ、行っちゃったんですな。



 写真を撮っている余裕なんか全くなかったので事後のツイートとなってしまった。
 倒したバイクのハンドルがアクセルの根元までずぼっと埋まった時は本当に焦りました……。
 やはり林道アタックは1人でするもんではありませんな。



 ハングライダーやらパラグライダーを眺めつつ、車の渋滞に巻き込まれながら、道の駅朝霧高原へ。
 現金をほとんど持って来ていなかったため、カードが使えるか聞いてみたところ「現金のみとなっております」とのこと。
 そういえば前にも同じことを聞いたな、と思い出す。
 ソフトは我慢して、ソーセージのみ購入。



 やはり夏場のバイクは早朝のみ、遅くとも10:00までには帰ってくるべき。


朝涼しいのも今のうちだけだから、V7で出かけてきた


 V7だとどうにもツイートが少なくなって、わざわざブログにするほどのこともないな、って思うんだども。
 まあ、一応の記録ということで。



 県道35号、裏道志の中途で発見。
 前から見かけてはいたんだけど、どうせ汚いんだろうな、って思ってたら、すっごいきれいだった。



 マリンスポーツに興じる人たち。
 犬多めで幸せ。



 帰り道の端的な感想。



梅雨の雨の前に箱根ターンパイクと伊豆スカイラインに行ってきた


 << 注意書き >>
 このブログはchromeで見る場合、シークレットモードでの閲覧を推奨。
 最近知ったんだけど、なんかね、プラグインのせいで、埋め込んだツイートが見れないことがあるらしい。
 Windowsの場合は、chrome画面で「ctrl + shift + n」、Macの場合は「command + shift + n」で起動するよ。