行きたいなあ、日本全国津々浦々

V7、セロー225WE、CX-3に乗ってます。2016年3月にW650を引退。整備とかツーリングとかドライブとか。

今日はバイクの日(だった)


8月19日はバイクの日らしい。
マツダコネクトが言ってた。
しかし、スマホアプリなんかが言う○○の日と、マツコネの言う○○の日が一致した記憶はあまりないな……。


蓼科仙境都市

皆さんは、仙境都市、ってご存知ですか? どんなものを想像しますか?
なんかこう、神秘的な感じがしますよね。




霧に覆われた、緑深い山の中。
そこに突如として現れる、シャレオッティーな、まるで美術品のような近代建築。
どんな人が住んでいるんだろう。
白い霧の中、小径を歩き進む。
ぽつり、ぽつりと霧の中から現れるそれらは、互いの干渉を拒絶しつつも、どことなく統一感を感じさせる姿をしている。
気がつくと、霧は晴れていた。
辺りを見回せば、日の光を浴びて上を目指す木々があるだけで、建物の姿は無い。
振り返ると、濃密な霧をまとわりつかせた緑の山がひっそりと佇んでいる。
まるで、何事もなかったかのように……。




的な、ね?



まだ前振り続きますよ。

今回の目的地は、蓼科仙境都市というところです。
名前だけはかなり前から知っていまして、上記のような妄想を育んでいたわけなんですが、ある時こちらのサイトで詳細情報を知りまして。


yamaiga.com


僕もこれくらいのレポート力が欲しいなあ、という感想はさておく。
ど、ど、どうやら、失敗リゾートの様相を呈した廃村チックな場所っぽいぞ……?
これは是非見に行かなくては!


出発

久しぶりの冒険の予感に胸を高鳴らせつつ、出発。


ナビ子



うん……。
本当はマップファンが悪いんじゃなくて、僕が勘違いしてただけなんだよね……。
中央道を北側ルート、そしてなぜか南回りルートを東名経由だと思っていたんだ……。
正しくは、上信越経由が北回りルートで、中央道経由が南回りルート。


接近

諏訪南で高速を降りる。 最近この辺りをよく利用するようになったなー……。


ソフトクリーム濃厚。
やはり糖分補給はソフトだな。



到着



白樺高原ホテル前の道を道なりに進んで、冬季閉鎖される林道の、登山道入口前を通り過ぎ、しばらく進むと、峠の最高地点っぽいところへ辿り着く。
どうとは書いていないのだが、どうやら仙境都市に到着したようだ。


失望



結論から言うと、最初に紹介した道路レポートに掲載されていた写真以上でも以下でもなかった……。
なんというか、まとまりなく、とても危険な斜面でもなんでもお構いなしに別荘が建っていて、もう廃屋になっているのもあれば、新築の、それこそ近代建築の見本みたいな、スタイリッシュな別荘もあり……。
勝手な話で恐縮だが、とってもがっかりして、ちょっと眺めただけですぐに下山することにした……。


もう帰る


正味な話、帰りの寄り道の方が楽しかった……。



日常に潜む危険



帰宅


19:00頃帰宅。